2007年 脳内ランキング(PCゲーム編) 後半

さて、前回の日記では10~6位までを発表し、
今回の後半で5~1位を掲載します!!

ここからは批評は一切無しの絶賛作品のみが登場するので、
贔屓しすぎだとか言われても関係ないですw
好きな作品は好きと言えるのが脳内ランキングなのですからww

それでは5位からどうぞ~♪


※1・・・キャラクターの点数配分の目安は『100÷攻略ヒロインの数』で一人当たりの配分が決まり、その上で各キャラの点数を合計して決まる
※2・・・シナリオの点数も↑と同じ。泣いたシナリオがあればそのシナリオを重点に点数を考慮。
※3・・・音楽は主題歌・BGMの対比が7:3の点数配分。
※4・・・80点を超えているものはオススメ箇所
※5・・・総合点は各評価ポイントの平均点から出している点数ではない
※6・・・俺がルールだ!!www







第5位 マブラヴ ALTERED FABLE



キャラクター:86 シナリオ:81 音楽:83
総合:82


前作のオルタネイティブから再び学園生活に戻ったシナリオを描いたファンディスク。
内容としては、ヒロイン全員から好かれた状態で誰を選ぶかというものですが、
結局は特定の誰かが決まるわけではないので、
脳内補完ができるかどうかで評価が分かれるかと思います。

基本はコメディ調でも、シナリオ自体はシリアスは部分もあって、なかなか楽しめました。
もともと大作のファンディスクですから、ファンの方々には満足・・・とはいかなくても納得の作品だったと思います。
自分としては、ハッキリと攻略キャラが決まって欲しかったりもしますが、
それで物語が完結してしまうのも、シリーズが終わってしまったという寂しさが残るのでこれでOKでしたw

あとは、オルタの世界が決着をつけるためのシリーズが始まれば完璧なのですが、
そこまでやろうとするとまた時間がかかりますので、期待はしませんww




第4位 ナツメグ



キャラクター:82 シナリオ:78 音楽:86
総合:80


この日記書く直前までは表彰台の3位入りに確実視されていた作品でした。
しかし、総合80点を取り、万人にオススメできる作品であることには変わりありません♪

キャラクターとシナリオがバランス良く釣り合っている作品で、
音楽も、ED曲「巡夏」が非常に感動できるものとなっており、
脳内水準に設定されるに相応しいレベルにまとまっていると思います。

内容には満足しており、話しも綺麗に終わってますので、本来は何も言うことはありませんが、
敢えて言わせて貰えば、2部構成のヒロインと恋人になった後の新校舎編みたいなオマケがあれば、
ボリューム不足を感じなかったかな~と思います。
(まぁ、あくまで自分の希望ですがw)

さて、現在では新作の「ナギサの」が発売され、購入しようかどうか迷っている自分です。
やはり、このナツメグの出来を信用して買うべきなのでしょうかね~?




第3位 こいびとどうしですることぜんぶ



キャラクター:93 シナリオ:86 音楽:80

総合:85



史上最高のクーデレは伊達では無かった!!

今年最大の大逆転劇となった、「こいびとどうし」。
最初から恋人になる部分から始まり、ひたすら甘いシナリオが続きますが、それが逆に清清しいから困りますww

ネタバレすると、タイトルが「夫婦どうしですることぜんぶ」になってしまいそうでしたね~。

恋人同士の付き合い → 同棲 → 婚約 → 夫婦生活 → 結婚式END or 出産END

こういった流れのシナリオで、攻略キャラは当然一人です。
約2.5GBを一人に費やしたことで、他作品ではできないような濃い内容でした。

物語中盤で学生結婚を果たし、それで終わりそうな状態でも、
しっかりと学生夫婦がどう学園で過ごしていくのかを描いているのが非常に印象的。
しかも主人公はアルバイトと学業を疎かにしないように、前向きに努力していきますし、
ヒロインはヒロインで慣れない家事や人付き合いに積極的に取り組むことで、だんだん人としての温かみが出てくるようになってます。

こういった、主要人物が成長していくことは、プレイヤーには非常に感情移入しやすい要素になるので良い作品でしたよ♪
他のサブキャラも、主人公とヒロインのことを応援し、笑い・感動・友情の深さを見せてくれて素晴らしいキャラクターでした。
というか、チカ先生・・・可愛すぎwww

音楽面でも、fripSide様が主題歌を担当し、BGMも日常パートで使われる音楽が印象的でした~。


ちなみに、自分がこの作品で一番印象に残ったシーンは、
主人公が始めてヒロイン「園生玖羽」の部屋に訪れた際、玖羽が主人公のことを好きだという気持ちが溢れんばかりに記された日記を見た場面でした。

それまでは玖羽から主人公のことを好きだと言った場面が無く、
主人公が自分の一方通行ではなかったのか?と疑問を持ち始めていたところでした。
そこで日記をみたことにより、本当はずっと前から両想いだったことを知り、
本当の意味で二人は恋人になったというシーンは、見事に自分の涙腺を破壊してくれましたね。

ということで、今年の3位は「こいびとどうしですることぜんぶ」でした~♪





第2位 世界でいちばんNGな恋



キャラクター:91 シナリオ:94 音楽:89

総合:91


実はまだコンプリートしてません!(核爆)

お楽しみは後に取って置いてる状態なので、
じっくりプレイできる・したいときに攻略します♪

それにしても、美都子エンド(ノーマル)ですら、何度泣いたか判らないぐらいボロボロに涙してましたよ。
主人公はダメ人間として描かれているはずなのに、やるときはやるタイプの人間ですから、
かなり好感触の主人公だったりしますw

シナリオは誰のシナリオでも、基本は大家さん(美都子)との三角関係をどう決着をつけるかというものですが、
自分がクリアしたキャラクターでは、綺麗に決着しており、丸戸さんのシナリオは魅せ方が上手いな~と常々そう思いますw

キャラクターもかなり個性的で、年下なのにそう感じさせない2号さんや、
悪役っぽい立場なのに、実は凄いボランティア精神を持っているお嬢様や、
別れた元妻なのに、いつ寄りを戻してもおかしくない教師や、
どうみても中○生で子供っぽい仕草があるのに、どこか大人びた大家さんだったりなど、
他作品では絶対に出てこないようなキャラクターばかり。

世界観がおもしろいと感じる作品は、間違いなく成功すると感じた一年を象徴する作品だったと思いますね~♪

総合90点以上ということで、万人にオススメするどころか、脳内殿堂作品に認定されましたw
やはり丸戸さんのシナリオは偉大だということなのです・・・・。
本当に感動をありがとうございました!!





2位までの発表が終わり、残すはあと1枠・・・・。
まだ出てきてないタイトルと言えば、もうこの作品しかありません、

栄えある第1位タイトルは・・・・・・これだぁぁぁっ!!!
















第1位 ドラクリウス






キャラクター:97 シナリオ:93 音楽:91


総合:94



萌えと燃えという相反する単語を共存させた今年最高の作品でした。

主人公は最初は能力を上手く使えないものの、
知恵と勇気を振り絞って、強敵と立ち向かっていくシナリオには非常に熱いものを感じましたね~。
ベルチェという、最強の切り札を擁しているにも関わらず、
自分(と協力してくれるヒロイン)で困難を乗り切ってますので、弱さを感じさせません。

物語としては、世界規模の組織が出てきても、
ラストはきっちり終わらせるのは見事の一言。
唯一の不満点は、PC版ではハーレムエンド(+α)のみという内容なので、
そのあたりは完全版とも言えるPS2版に期待させてもらいます♪

キャラクターも、ベルチェが長寿の貫禄と容姿が相まって、ど真ん中のストライクwww
あとは、正真正銘のツンデレヒロイン「リカ」や、一途なお嬢様の「リアン」、
外見では一番美人とも言えるメイドさんの「ゼノ」、
悪友レベルにフレンドリーな男の娘(のちに性転換ありw)の「操」など、
見てて飽きないキャラクターが揃っており、

敵側も憎らしい敵や、本当はいい人だったりする敵もいたりして、バリエーション豊かなのが印象的。
こういった、キャラクター1人1人が印象的な部分は今後のめろキュー様作品でも続けて欲しいと思いますね~。


音楽は主題歌が一つも無いという珍しい仕様だったりしますが、
PS2版ではしっかりとボーカル曲がありますので、ご安心をw
ファミ通.comでPVが見られますので興味がある人は是非とも視聴を♪
(ややグロいです・・・・)





それでは、2007年のPCゲームランキングは『ドラクリウス』に決定したところで、
本日はお開きにしたいと思います~。

今年は本当にプレイしたい作品をしっかりとプレイできたので、
その分だけ質の高いランキングになったと自分では感じています。
来年もめろキュー様の作品を中心にプレイしていくと思いますが、
この一ヶ月で色々な新作も発表されて、また来年も混戦になるのではないかと予想w

財布も厳しい戦いになりそうですが、なるべく節約を考えて購入していきたいです・・・^^;


では、次回は主題歌編を発表してきますので、お楽しみに~♪ノシ
[PR]

  by you_desuno | 2007-12-25 00:03 | 雑記

<< 2007年 脳内ランキング(主... 2007年 脳内ランキング(P... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE

累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ