やるきばこ2をやってみた

せっかくの日曜日なので、キャラメルBOXから発売された、
『やるきばこ2 エピソードV:~やるきねこの逆襲~』をプレイしてみました~♪
(何だか先週の日曜日も似たような出だしで書いたような・・・・w)





同メーカーの過去作品のアフターシナリオを詰め込んだ一品で、
自分は、『おとボク』・『アリスマチック』の2作品をプレイ。


公式HPを見れば、大まかなストーリーは判りますし、
詳細なネタバレをしようとすれば、長文必至な内容になってしまうので、簡潔にそれぞれの感想を述べますw



『処女はお姉さまに恋してる』


「厳島 貴子」

厳島家との本当の決別に苦悩する貴子・・・。
紫苑の縁談を解消させたときに見せた涙が切なかったですね。
兄の存在も世間からは良く思われなくても、実は芯の強い人という事実もシナリオの重みを感じさせてくれました。

基本的にはシリアスで、難解な単語も飛び交ってますが、
本編時代のご都合主事の塊とは一味違って、キャラクターも大人になっていくんだな・・・と思いましたよ。
そんな感じでしたので、次回作が出たら今度は夫婦になったときの甘いシナリオもやってくれたらと期待しちゃいますwww


「十条 紫苑」

・・・・・・・・・・・・主人公って誰?(核爆)

シナリオ中に2組のカップルが生まれ、
それぞれの視点で物語が進むこともあったので、主人公の瑞穂の存在が霞んでます^^;

でも、他作品のシナリオだと、
恋仲になりそうな人たちがいたら、主人公がその人たちを応援していくうちに、
三角関係になってしまうということが割りと多くあったりしますが、
今作では主人公と紫苑がそれぞれに相談に乗れたりなど、
完全な応援役として機能していたのが、斬新なシナリオだと思いました♪


そしてこれだけは言っておきたい一言もあります。


本編でのEDからして仕方ないと言えば仕方ないですが・・・・貴子の出演率高すぎ!!www

いつどこのアフターシナリオでも貴子が出てくるのは異常すぎる。
まぁ、好きなキャラなので良いですけどねw


貴子と紫苑、相変わらずの2トップの破壊力に唖然としつつ、
「おとボク」編の感想は以上です~。



『終末少女幻想アリスマチック』



「小夜音」



本編やりたくなった!!!


甘い新婚旅行の後に熱いバトルが待ってましたので、
本編未プレイな自分は興味を持ってしまいましたw

・・・・・しかし、中古で5000円以上なので迷います。orz




ということで、上記のルートしかプレイできてませんが、
現在、リアル友人の代講で『あえかなる世界の終わりに』がPCにインストールされましたので、
時間があればそちらをプレイして、やるきばこ2のアフターシナリオに入りたいと思いますw


う~ん、今年の上半期の時点では何とも思っていなかったキャラメルBOXでしたが、
今は注目メーカーの一つになってますよwww

『おとボク』を教えてくれたリアル友人に感謝しなければ・・・・・。


以上が、本日プレイした作品の紹介でした~ノシ
[PR]

  by you_desuno | 2007-11-11 18:12 | PCゲーム

<< GAⅡ 無限回廊の鍵 公式HP... GAⅡ 究極のやり込みプレイの攻略 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE

累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ