2011年 好きなものランキング キャラクター編

今年も好きなものランキングを発表する時期がやって来ました。
いつも通りにキャラクター部門からスタートとなります♪

果たして栄光を掴んだキャラは誰なのか・・・・いざ開幕!!








第5位  周防院 奏

(乙女はお姉さまに恋してる)

c0123156_23372819.jpg


おとボク2・・・ではなく、初代からのキャラが今になってのランクイン!

小説「櫻の園のエトワール」を読み、そして今年PSP版のおとボク2をプレイ、
更に初代(PSP版)をプレイしたところ、
おとボクの世界観が好きなことに加え、シリーズで奏が一番好きだと自覚しました。

1年生時にはそれこそ幼い妹属性のキャラなのですが、
個別ルートに入ってからは精神的にも成長し、
2年に昇級してからは人が変わったかの如く先輩オーラを放ってますからね~w






第4位  椿

(なでしこドリップ)

『 なでしこドリップ 』応援中!


4位はなでしこドリップより、椿が選ばれました♪

幸福を呼ぶ座敷童子である椿は、大人には見えないという設定で
「何を以って大人となるのか」をユーザーに考えさせてくれるキャラクターでした。

精神年齢は子供なのですが、齢200歳を超えており、
様々な出会いと別れを乗り越えてきただけの貫禄を持ってるのが
存在の大きさを感じさせてくれましたよ。

体験版からして椿に焦点が当たったときのシナリオは
ユーザーを本気で泣かせにかかってくるのは卑怯の一言w

今年のベストシナリオは椿ルートだと自分は思っております。





第3位  ブラック★ロックシューター

BLACK★ROCK SHOOTER THE GAME

c0123156_23393556.jpg


B★RSが3位に食い込んできましたよ~。

無口でクールなキャラ・・・と思わせつつ、
実は感情表現が乏しいだけの純粋無垢な寂しがりやなキャラです。

人類の敵である異星人との戦いで孤軍奮闘。
戦う少女は美しく格好良いと改めて実感しました。

1月から放映開始となるアニメ版では、ゲームとはまた違った面を見せてくれることに期待しつつ、
楽しみに待ちたいところですね♪





第2位  アルトアイネス

(武装神姫)

c0123156_23413822.jpg


去年のランキングに入ってましたが、お構い無しですw

今ではもう、『ボクっ娘』キャラの筆頭となりましたね~。
最新作のバトルマスターズmkⅡでは、前作よりもさらに親密になるシーンが盛り込まれ、
ニヤニヤが止まりませんw

今年に関してはオリジナルのアルトアイネスも入手できましたし、
フィギュア全体に対する満足度は100%でした♪





第1位  能美クドリャフカ

(リトルバスターズ)

c0123156_23433013.jpg


連覇達成!!

「過去にランクインしたキャラは対象外」が基本路線でしたが、
今年はアイネスと共に、その縛りを外してしまうほど溺愛しましたw

ゲームでは触れる機会は無かったものの、
フィギュアやクドわふた~及びクドルートの漫画でお世話になりました。
更に、クラシックダンジョンX2での自分にとっての主役でしたので
愛着度は年々増すばかりです。

このままいけば、来年もキャラランキングで頂点を守り続けてしまうかも・・・。
そんな考えすら浮かんできてしまいます。





特別賞 ラブラブル ヒロインズ


『ラブラブル』の全ヒロイン、花穂・千夏・つぐみ・さつき・奈々子さんに特別賞が授与されます。

c0123156_23441646.jpg


個人的にはラブラブルのヒロインは1キャラ×5ルートではなく、
5キャラが1セットという捉え方してるので、
誰か一人がランクインするのはちょっと違うな~という感じで特別賞とさせて頂きます。

イチャラブというのがこんなにも楽しくて素敵なことなんだよと教えてくれました。
ついつい再プレイを繰り返しちゃうほど、キャラクターそのものに魅力が溢れていましたよ。

同棲ラブラブルでは、昨日声優交代発表がありましたが、
1日経ったら、みなさんのコメントもあって割りとすんなり気持ちが切り替えられたので、
純粋に楽しみになってきました♪





総評  


あ~・・・、判ってます。判ってますから何も言わないで・・・orz

特別賞を除けば、見事すぎるほどにお胸がぺったんこなキャラで埋め尽くされましたね。
そういった趣味があるわけではないのですが・・・・。

逆に言えば、好きなキャラに性的欲求を求めてない故の結果ということなのでしょう!(多分)

・・・・・真面目に答えれば、外見的にも精神的にも幼い印象のあるキャラが、
だんだんと成長していく様子を見られることが、今年の自分のブームだったので、
胸を張って「今年の好きなキャラはこの娘たちだ!」と主張はできますよ♪

そして、現状ではクドとアイネスに対する愛着が群を抜いて高まっているので、
来年も衰えを知らずに突っ走ってしまうかもしれませんw

何とか、対抗馬となりうる新キャラと巡り合いたいところですね。


以上、キャラクター部門でした~。



[PR]

  by you_desuno | 2011-12-06 23:52 | 未分類

<< 今日の一人酒 同棲ラブラブル 「柳瀬さつき」... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE

累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ