雪降ろし 15日終了まとめ

雪降ろしを始めて半月が経ちました~。
休み無く雪降ろしの毎日でしたので曜日感覚が無くなってしましたよw

今日の日記では、この雪降ろしで経験したことを
(自分でも忘れないように)箇条書きでまとめた内容でお送りしていきます。
雪降ろしを経験した人にはピンと来ないかもしれませんが
雰囲気だけでも伝われば幸いです♪







・初日(本業の作業場)
積雪の多さに驚くも、雪は軽いので軽快な動きで作業。
本当は自宅を終わらせたかったが、流雪溝への排雪禁止が出たので中止。

・2日目(自宅)
終わらなかったw 量的には75%で終了。
とりあえず家は潰れないだろうということで一安心。

・3日目(以降はお客さん宅)
今シーズン初めての訪問作業。
過去にも作業したことのある家なので勝手が判って精神的に楽な家。

・4日目
肩コリと腰痛が出始める。
この日はお隣の家で作業。
自宅もだが、この界隈は雪を全て前へ引っ張らなければならないのが難関。

・5日目
今度は自宅向かいの家で作業。
積雪が高くなりすぎて1段では引っ張れず2段ずつに変更。
作業時間の大幅増。

・6日目
日に日に上がる難易度。
まだ1度目の家なので投げる場所はあるが、2回目が来たらマズい。

・7日目
唯一、朝に雪が積もっていなかった日。
1日で3軒回ることに成功。
今思えば、ここで終わっていれば幸せだったかも・・・。

・8日目
近所の人から「後ろの山側になら投げられるよ」と言われるも、
作業前の段階で山側の下屋が埋まっている光景に唖然。
後ろ以外にはごく一部の箇所にしか投げられないため、
最終的には2階窓に達するまで雪が積みあがった。
「雪投げ」→「雪降ろし」→「雪上げ」とランクアップした日。

・9日目
下屋から落ちそうになった。
落ちる直前に左手を伸ばしたら偶然にも雪止めをキャッチ。
死にはしないまでも骨折はしてたかもしれない恐怖の日。
多分、100回同じことが起こったら2~3回しかできないファインプレーだった。

・10日目
降り止まない雪。天気予報は1週間先も雪マーク。
この日から30歳運送業(現在免停中)の人が参入。
腕力は敵わなくとも、経験の違いを見せることができてちょっと嬉しかった日だったw

・11日目
この辺りから2段→3段取りに変更。
3段目の硬さと重さがヤバい。

・12日目(自宅)
まさかの自宅2回目。
前回残しておいた分とこれまで降った積雪が合わさって素晴らしい量に。
なんとか終わらせたものの、3回目がやってくる日は・・・・近い。

・13日目
父「今日の天気は曇りがなくなったぞ!」
母「ようやく晴れだね」
父「いや、雪マークだけが残った
母「・・・・・・」

※本日の予報は「曇り時々雪」

神社の急勾配な雪止め無しの屋根を体験。
足場を確保しながら降ろすものの、最後は動きようがなく雪と共に落下。
安全を確かめた上での落下だが、ちょっと怖かった。

・14日目
肩コリ、腰痛は解消されつつある体調。
軽快に1軒目が終了。2軒目へ―――
親方「次の家は2度目だし半日で大丈夫だろう」
・・・・・下屋が埋まってるのにどうやって?

・15日目
結局、半日+1日いっぱいかかった。
『2度目の家=雪が軽い』と思うことは情弱としか言いようが無いレベル。
アルミスコップはもう刺さらない。
膝が痛くなってしゃがむのが辛くなってきた。


そして16日目へ続く




以上がまとめでした~。
この期間中も居酒屋アルバイトはちゃんと出勤していたりするので、
日によってはPCはおろか、携帯でネットを見ることもできない日があったりしました。

今後も1週間以上天気予報は雪マークが続き、
もはや新潟とどちらが先に晴れマークが付くかというチキンレースになってますw
降れば降るほど稼げますからもう何とも思いませんけどね。

ただ、体調面は15日目に書いたように、膝が悲鳴を上げてきています。
肝心なときに力が入らず屋根から落下しないように気をつけたいところです。


では今日の日記はこれでノシ~
[PR]

  by you_desuno | 2011-01-25 00:55 | 雑記

<< ラブラブル体験版をプレイしました♪ 雪降ろし 初日 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE

累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ